レースレポート  野中誠太 選手

野中誠太 選手

  • 2022年
  • 2021年
  • Profile

2022年


2022年5月3日~5月4日

 

スーパーGT第2戦富士。

決勝11位とスピードが厳しい中、順調に周回を重ねることができた。

まだまだ厳しい状況ではあるものの、マシン、タイヤの理解を増やし着々と前進。

 

2022年4月23日~4月24日

 

スーパーフォーミュラ・ライツ 鈴鹿戦。

第4戦決勝はトップ2台を追い、ついていく形の3位で周回を重ねることができた。富士大会に続き、良い流れを維持したかったが、悔しさも残った。3週連続続いたレース、様々な状況を振り返り整理しながら、短いインターバルではあるものの次はGWに開催のスーパーGTにのぞむ。

 

2022年4月16日~4月17日

 

スーパーGTも開幕!! デビューレースとなった岡山戦。

駆動系トラブルに見まわれ、予選リタイヤとなり、とにかく完走することを優先に切り替え、無事チェッカーを受けることができた。

不完全燃焼だったものの、これをポジティブに捉えバネにし、次にのぞむ。

 

2022年3月19日~3月20日

 

 

スーパー耐久シリーズ2022、いよいよ開幕!!

開幕戦鈴鹿、新チームでの初戦は、課題と伸びしろを確認しつつ、2位でチェッカー。

次戦は少し期間をおいて6月予定!

2021年


2021年11月27日~11月28日

 

 

2021年 FIA-F4 第13、14戦

第13戦、入念にあたためたタイヤでペース良く走ることができ、5勝目を飾ることができた。

第14戦は、2番手で緊迫した展開の中、ラスト2周でトップに躍り出ることができ、2連勝でチャンピオンを獲得!!

レースレポートはこちら

 

2021年11月13日~11月14日

 

 

スーパー耐久第6戦OKAYAMA

レース開始から激しいトップ争いが繰り広げられることになった。

ライバル車も早く、一切のミスが許されない攻防の結果、トップを守り走り抜くことができた。

レースレポートはこちら

 

2021年11月6日~11月7日



2021年 FIA-F4 第11、12戦

第11戦は、4位でチェッカーを受けたが、第12戦のトップ争いで接触・リタイアと非常に悔しいレースに。

シリーズランキングトップから2位と落ちたものの、勝負はまだこれからと次戦に臨む。

レースレポートはこちら

 

2021年9月18日~9月19日

 

 

スーパー耐久第5戦SUZUKA

最終スティントを走る予定だったが、残り2時間のところで他車と接触、マシンにダメージを負い、トラブル再発でレース続行が不可能に。

走る前にリタイヤとなってしまい、不完全燃焼レースとなった。

レースレポートはこちら

 

2021年9月11日~9月12日

 

 

2021年 FIA-F4 第8、9、10戦

第10戦に向け、第8〜9戦から攻めたマシンセットで挑んだ。

第10戦は、バトルを制して3位に順位アップ、さらに2位に順位アップと、シリーズトップを守り抜いてチェッカーとなった。

レースレポートはこちら

 

2021年8月28日~8月29日

 

 

スーパーフォーミュラ・ライツ 2021年 第5大会 MOTEGI

最後の決勝レースは、20周のロングレース。得意のスタートを切り、コーナーで攻めつづけ1つポジションアップ。

さらに3位にポジションアップ後は、ペースを上げ周回を重ねることができた。

レースレポートはこちら

 

2021年8月21日~8月23日

 

 

2021年 FIA-F4 第6-7戦 鈴鹿

スタートで2位に順位を上げ、トップの選手を追いかけながら、中盤SC後狙い通りに勝負をかけることができたが、接触で順位を落とす結果に。4連勝の流れのままいきたかったが、ポイントランキング1位キープのまま。しっかり切り替えて次戦へ。

レースレポートはこちら

 

 

2021年7月31日~8月1日

 

 

 

スーパー耐久第4戦AUTOPOLIS

不安定な天候からのスタートだったが、雨があがった後のドライでは良いペースで走行を重ねることができ、ファステストラップでバトンを渡し、優勝することができた。

レースレポートはこちら

 

2021年7月17日~18日

 

 

2021年 FIA-F4 第5-7戦 茂木

とても調子が良く、第5、6、7戦を1位で走り抜き、3連勝!

富士の優勝に続き、4連勝でランキングも2位と差をつけることができた。

今シーズンチャンピオン獲得に期待!

 

2021年6月19日~20日

 

 

スーパーフォーミュラ・ライツ 2021年 第4大会 SUGO

週末のレースは、レインとドライの両方で不安定な天候に見舞われた。

異なるコンディション下での判断力を課題に残しつつも、次戦に向け良い経験となった。

 

2021年5月22日~23日

 

 

スーパー耐久第3戦FUJI、今回から新車ということで完走第一で挑んだ。

好調にラップ差をつけて周回を重ね、優勝目前だったが、マシンのフロント部分に炎上、リタイヤとなり、悔しいレースとなった。

レースレポートはこちら

 

2021年5月15日~16日

 

 

スーパーフォーミュラ・ライツ 2021年 第3大会(第7,8戦 ※9戦は中止)

予選は、3番手で終えることができ、良いパフォーマンスが発揮できた。

決勝は大雨と霧のコンディションでのレース、これに適応していく能力がまだまだ求められていることも実感したレースとなった。

レースレポートはこちら

 

2021年5月03日~04日

 

 

 

2021年 FIA-F4 第1-2戦 富士
3年目のF4シリーズ、自信を持って力強く走り、

トップを守り抜いた第2戦決勝は、初優勝で飾ることができた。

レースレポートはこちら

 


2021年4月24日~25日

 

 

スーパーフォーミュラ・ライツ 2021年 第2大会(第4,5,6戦)鈴鹿

予選では富士大会以上の結果を残すことができたものの、決勝のペースが大きな課題となり、
予選のスピードを活かすことができず、悔しさの残るレースに。

レースレポートはこちら

 


2021年4月3日~4日

 

 

スーパー耐久第2戦SUGO、開幕戦に続き、スタートドライバーを担当した野中選手。

ウェイトハンデを背負ってのレースも、ミスもなく完璧な戦略で優勝し、2連勝!

レースレポートはこちら

 


2021年4月3日~4日

 

 

スーパーフォーミュラ・ライツ 2021年 第1大会(第1,2,3戦)富士

スポット参戦が決まった今大会、未知数も多かったなか、第2戦で3位表彰台獲得!

レースレポートはこちら

 

 


2021年3月20日~21日

 

 

スーパー耐久シリーズ2021、開幕戦茂木、スタートドライバーを担当した野中選手。
初めてのハンコックレインタイヤでバトンを繋ぎ、開幕戦優勝!

レースレポートはこちら

 

 

野中誠太 選手について

生年月日:2000年10月25日

 

 

[レース戦歴]

 

2019年
FIA-F4 選手権 シリーズ8 位
全日本選手権OK クラス参戦(ヨコハマタイヤ開発ドライバー)

 

2018年
全日本選手権OK クラス シリーズ6 位
FTRS オーデション主席合格

 

2017年
全日本選手権OK クラス シリーズ2 位(ブリジストンタイヤ勢トップ)

 

2016年
全日本選手権KF クラス シリーズ15 位

 

2015年
もてぎシリーズX30 シリーズ4位
ダンロップネクストカップシリーズ2 位
アジアパシフィック選手権X30 クラス2 位
X30 世界⼤会(フランス)日本代表参戦

 

2014年
もてぎシリーズX30 参戦
菅生シリーズスポット参戦

 

2013年
秋ヶ瀬TIA クラス3 戦 石野シリーズ2戦参戦

 

2012年
秋ヶ瀬カデットクラスチャンピオン
新東京カデットクラスシリーズ2 位
東日本ジュニアチャンピオン

 

2011年
秋ヶ瀬カデットクラス シリーズ3 位

 

2010年
レーシングカートを始める